お部屋のご案内

「むかし、作家が缶詰になるのは旅館だった」

創業は大正12年。
現在の建物は昭和63年に新築しておりますが、全館木造建築の新数奇屋造りの現代はたごとしてレトロな雰囲気を残しており、玄関ホールは木の香とぬくもりに満ちています。木の気を身体に受けられるようにとの配慮から、館内はスリッパを置きません。
川沿いに坂道を下れば、アプローチから緑がいっぱい。四季を通して花々に囲まれております。のんびり田舎の家に帰ってきたようなお気持ちで、どうぞごゆっくりおくつろぎください。

はたご小田温泉の床は毎日一生懸命水拭きしています。
小さなこどもでも安心して素足で歩いていただけます。やっぱり裸足が気持ちいい、とお声をいただきましてスタッフ一同とても励みになっています。

部屋
当館には大小さまざまな、6畳から20畳までの個性的な6つの部屋がございます。お二人で、ご家族でといろいろな場面でお好みに応じてご利用いただけます。
お部屋のご指定など、混雑時にはご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
20名様からの貸し切りも可能です。 ※詳しい場所や詳細は下記館内図をクリックして下さい。

※音について※
木造建築のはたごです。お隣のお部屋から音が響く事があります。
これまた、はたごのよさと人あたたかさとお感じいただけると幸いです。

はたご小田温泉館内図

桂月の間

二間続き和室10畳+6畳。川に面した明るく眺めの良いはたご小田温泉の特別室です。
室内には主人石飛鴻(いしとびこう)の屏風絵や扁額・引き戸などが飾られた二間続きでゆったりしております。

菊の間

縁側付の和室7.5畳。川に面した明るく眺めの良い館内唯一の坪庭付きのお部屋です。
旅館玄関を入ってすぐのお部屋ですが、他の客室と隣接せず静かにお過ごしいただけます。

松の間

ゆったりお過ごしいただける落ち着いた広々した15畳の和室です。
窓から、小田川の四季折々の自然を望みます。温泉浴場に近く便利です。

萩の間

ゆったりお過ごしいただける落ち着いた広々した15畳の和室です。
窓から、小田川の四季折々の自然を望みます。温泉浴場に近く便利です。

おしゃれ骨董・利生庵

玄関をお上がりいただいてすぐのはたごのホールには、女将セレクトによるちょっとしたアンティークショップ「利生庵(りしょうあん)」が2001年の夏から展開されております。“ちょっと古くて暖かい手仕事のもの”をコンセプトに、古伊万里の器やオールドノリタケのティーセットなど、比較的安価でおうちに帰ってすぐに生活に取り入れていただきやすいステキな品々をご提供いたしております。
女将がプロデュースする出雲発・子供着物ブランド「やんちゃご」の商品も利生庵でのお取り扱いとなっております。ぜひ、一度ご覧下さい。
※やんちゃごの常設展示はいたしておりませんが、事前にご連絡いただければご用意いたしますのでお気軽にお電話ください。
→TEL 0853-86-2895(ガイアシステム扱)